ファクタリングの基本と仕組み

ファクタリングは大きく買取型と保証型の2つに大別されます。
買取型とは、企業が即時に資金調達する際に利用される金融サービスとなり、売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金繰りを行います。
更に買取型は2社間と3社間に分類されます。

2社間の場合、企業はファクタリング会社に売掛債権を売却し、手数料が引かれた代金を受け取ります。
そして、取引先企業から売掛金が支払われた際に、そのままファクタリング会社に売掛金を支払うという仕組みになっています。
後述する3社間とは異なり取引先企業に知られることは無いため、印象が下がるといった悪影響の心配はありません。
また場合によっては、即日で資金化できるといったメリットがあります。

ファクタリングのおすすめ情報を探すならこちらです。

しかし審査は2社間のほうが厳しい傾向にあります。



3社間では取引先企業の合意が必要となります。


この場合、取引先企業は売掛金をファクタリング会社に支払います。


2社間と比較すると、取引先企業の合意までの時間がかかるため即時の資金調達は難しくなりますが、手数料は安価になります。保証型は医療保険のようなもので、取引先企業が経営破綻した場合などに売掛金を保証してもらえるサービスのことです。
保証契約を結ぶことで、売掛金が回収不能に陥るといったリスクを回避、軽減可能になります。


また取引先企業の合意は必要ありません。しかし取引先企業の信用度が低い場合、利用を断られることもあります。
またこのような、一般的な買取型と保証型とは別に、医療機関向けや貿易取引向けのサービスを提供している場合もあります。