銀行ローンとファクタリングの違い

main-img

一般の企業において資金調達をするための方法にはいくつかありますが、それぞれに特徴がありますので、目的にあわせたものを選択することがたいへん重要となってきます。
たとえば資金調達の方法では銀行などの金融機関が提供している事業者向けのローンはなじみのあるものですが、金額が大きい場合であっても対応が可能というメリットがある反面、高い利息を支払わなければならなかったり、審査で信用不足を指摘されて正式な契約には至らないこともあるといったデメリットもあります。

ファクタリング

場合によっては連帯保証人や担保を要求されることがある上に、審査そのものにも時間がかかりすぎるのも同様にデメリットといえます。


いっぽうでこのような銀行ローンにありがちなデメリットが解消できる資金調達の方法もあり、ファクタリングなどはその代表格といえるでしょう。

ファクタリングは取引先に対してもっている売掛金などの債権をファクタリング専門のノンバンクなどに譲渡することを通じて、その債権の何割かの金額を現金化するためのしくみです。



債権は支払いの時期が到来しなければ手元に現金がない状態といっしょですが、ファクタリングによって現金化を早めることによって、先払いを受けるのと同等の効果を得ることが可能です。



ファクタリングの場合も事前の審査はもちろんありますが、銀行ローンに比べると審査はかなりスピーディーで時間がかからないのは大きなメリットといえるでしょう。


いまどきのファクタリング

subpage1

ファクタリングの一番のデメリットは手数料が引かれてしまう点です。現金化する場合は売掛金の5%〜20%が手数料として差し引かれるので、実際に現金化される金額は、売掛金額面の80%〜95%になります。...

more

ファクタリングの知っておきたい情報

subpage2

ファクタリングは大きく買取型と保証型の2つに大別されます。買取型とは、企業が即時に資金調達する際に利用される金融サービスとなり、売掛債権をファクタリング会社に売却することで資金繰りを行います。...

more

ファクタリングの知りたい情報

subpage3

日本においては企業間で先に商品・サービスを提供してもらってから、後でその代金を回収することが一般的ですが、売掛金の入金が遅れたり、貸し倒れになったりする可能性はゼロではありません。そこで、そのリスクを回避するため未回収の売掛金を買取ってもらったり、売掛債権に保険をかけてリスクを低減させることをファクタリングと言います。...

more

1から学ぶファクタリング

subpage4

資金調達の方法がなく追い詰められたときに役立つのがファクタリングです。例えば会社の赤字によって資金が不足したり、ローン・税金を延滞して事業資金の借入ができなかったりするケースはありえます。...

more